【UberEats】ウーバーイーツの営業時間は?何時まで注文可能?
¥特典情報
こちらをお読みの方に、特別な特典情報をお知らせ中!!ぜひご活用ください!

 

新型コロナウイルの影響により、生活様式が変化し以前よりデリバリーでのサービスが多くなりました。

そのなかの一つに「Uber Eats」と呼ばれるサービスを活用した食事のデリバリーサービスがあるのをご存知でしょうか。

また、このサービスを活用することで、多様な働き方を選択できるようになっているのです。

今回は新しい生活様式で今注目されている「Uber Eats」を配達の仕事あるいは料理を頼む際に、時間を有効に活用するためにも知っておくべき営業時間とその決まりについてご紹介していきます。

▼【10月最新】UberEatsプロモーションコード

eats-p87uaz

【初回限定1200円割引!】

商品代金が1500円以上の際に、初回注文が1200円割引になります。
※初回注文限定

※日本全国のUber Eatsサービスエリアで使用可能

【Uber Eats】注文可能な営業時間とは?

Uber Eats(以下:ウーバーイーツ)の注文可能な時間は、市区町村や提携している飲食の店舗により異なるのです。

2020年9月30日(水)より営業時間が拡大します!

新たな営業時間:
7:00 時から 25:00 時
東京都:23 区の配達エリア

8:00 時から 25:00 時
・東京都
小平市、立川市、調布市、三鷹市の配達エリア
・千葉県
浦安市、千葉市(中央区)、市川市の配達エリア
・埼玉県
久喜市、さいたま市(浦和区、大宮区、桜区、中央区)、幸手市、
草加市、所沢市、戸田市、八潮市、蕨市の配達エリア
・神奈川県
川崎市:幸区、中原区、川崎区、高津区の配達エリア
横浜市:港北区、西区、南区、神奈川区、中区の配達エリア

現在の東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県の配達エリア

運営であるUber側の営業時間としては午前9時から午前0時(東京・大坂の一部の地域では深夜1時まで拡大)までが営業時間と規程されています。

なお、運営側の規程やエリア毎の営業時間に関しては公式サイトから確認することを推奨します。

 

注意するべき点は、利便性の高いウーバイーツであっても、現状日本では24時間営業ではありません

 

そのため、事前に店舗やエリアの営業時間を確認しておかなければ、配達や料理の注文に関して予定通りに行かないことがあることでしょう。

【ウーバイーツ配達員】抑える営業時間の基礎

ここで重要であるのは、エリアの各店舗の営業時間を大まかに把握しておくことでしょう。

なぜなら、営業時間間際などでは注文が入りにくい場合もあり、より多く配達し報酬を得たい配達員にとっては非効率的な働き方になる場合があるからです。

例えば、早朝からでも営業している大企業が運営するフランチャイズ店舗では、需要も高いはずでしょう。

そのため、午前中から配達員として働く方は近隣で待機し、リクエスト(料理の注文)が入るまで待機しておくことも一つの方法です。

 

また、営業時間に加えて店舗ごとの特性を抑えておくことをおすすめします。

具体的には、ランチの需要が高い店舗、夜間に注文が入りやすい店舗などご自身で配達を重ねていくうちに効率的な時間の活用を考えることが大切でしょう。

 

より多くのクエストを重ねることで、評価も高まり依頼の受注率や様々な特典(パートナー紹介など)を受けることができるはずです。

 

【利用者側】知っておくべき営業時間の見方

ウーバイーツを利用する場合には、スマホやPC画面に店舗および営業時間が表示されます。

その際には、ご自身の宅配場所を指定することで、店舗からの配達時間の目安が表示される仕組みとなっています。

もしも、希望する店舗の営業時間を過ぎている場合には、画面に「ただいまご利用できません」と表示が出ます。

 

そのため、注文時間や日にちを指定したい場合においても、事前に把握しておくことで時間を効率よく活用できるでしょう。

配達の多い時間帯と天候は?

どのエリアにおいても比較的配達依頼が多い時間帯は、昼食時の11時~14時もしくは18時~21時の夕食時の時間帯に需要が増えると言われています。

そのため、配達員の方はその時間帯のみワークすることで効率よく報酬を得ることが期待できるはずです。

また、注文(リクエスト)する際には、後にスケジュールが詰まっている場合には、前もってに注文をしておくこともよいでしょう。

他にも雨天の場合には、依頼をする方が増える傾向があるため配達員が初めての方でも受注しやすいでしょう。

その際には、雨具に加えタオルやビニール袋、折りたたみ傘などもバッグに入れておきましょう。

他にもこれからの季節では、暑さ対策なども併せて準備しておくことをおススメします。

配達スタッフとして働く利点

ではウーバイーツの配達員として働く利点はどのようなものでしょうか?

①手軽に始めることができる(服装・個人事業主・出勤がないなど)
②バイトと異なり自分のタイミングで就業時間を決めることができす
③給与が週払いや即日で振り込まれる

以上の3点が大きなメリットです。

場合によっては配達回数に応じて報酬を得ることができる場合もあります。

詳細に関しては登録時に公式HPを確認しましょう。

特に今後は新型コロナウイルスの影響により、生活様式が変わっていく可能性もあるはずです。

一つの働き方としてウーバーイーツなどの時間や場所にとらわれない働き方も選択肢にとしてもよいのではないでしょうか。

ウーバーイーツを利用するメリット

では他のデリバリーサービスではなく、ウーバイーツを利用するメリットとはどのような点でしょうか?

①自社でデリバリーサービスを展開していないレストランを選択できる
②キャンペーンやクーポンコードでによる割引

大きなメリットとしては、実店舗でしか食べられなかったものを自宅や好きな場所に届けてもらい食べることができる点です。

 

例えば、有名店や行列ができる人気店でもウーバイーツと提携していれば、待ち時間もなく好きなものを食べることができます。

さらに現在は新型コロナウイルスの影響でテイクアウトや飲食店応援キャンペーンなどもあるため、より需要が高いともいえるのです。

加えて、ウーバイーツの紹介者と初回登録者には相互に割引クーポンが発行されるため、お互いに登録して利用すればメリットもあるのです。

ウーバーイーツの始め方

ウーバーイーツの配達員として働きたい方の多くが時間の制約が無いと言うところに魅力を感じる方が多いです。

働き始める際にも18歳以上であれば登録作業にも時間はかからず、パートナーセンターにバックの在庫があればすぐにでも始めることが可能です。

そのため、比較的登録から配達員までの手順は簡易と言えるでしょう。

私は京都で初期の頃に登録したため、運営の方もバックの在庫がないと言われていましたが、今は解消されているようです。

 

また、料理をリクエストするために登録する手順に関しても、スマホからも登録可能であるため問題なく手続きが行えるでしょう。

注意点としては銀行口座が海外から送金されるという点のため、名義や市区町村などを英語で記入する点でしょう。

ウーバイーツの営業時間は伸びるのか?

ウーバイーツを始めた時に思ったことの一つが本業後に取り組むため、店舗の営業時間が延長しないのかとうことでした。

しかし、実は24時間などに延長することはウーバイーツや配達員にとってはあまりメリットが多くないはずです。

具体的には

①注文数が不安定
②労働基準や法律の問題

③実店舗の営業時間が深夜まで営業していない

以上のような理由から、ウーバイーツが営業時間を延長しても、配達員側としても収入には結びつけにくいため、魅力的に映らないでしょう。

ただし、今後買い物代行などにより、24hのコンビニなどを積極的に活用できるようになれば時間は延長されるかもしれませんが、現状は人手不足もあるため難しいのではないでしょうか。

▼【10月最新】UberEatsプロモーションコード

eats-p87uaz

【初回限定1200円割引!】

商品代金が1500円以上の際に、初回注文が1200円割引になります。
※初回注文限定

※日本全国のUber Eatsサービスエリアで使用可能

まとめ

この記事では「Uber Eats」を利用する際に時間を有効に活用するためにも知っておくべき営業時間や注意点についてご紹介しました。

・報酬をUPさせるには店舗のピーク時間も把握する
・ウーバイーツが24hになる利点は今のところ少ないと考える
これから終身雇用制が崩壊するとも言われているため、様々な働き方を選ぶ方が増えてくるかもしれません。

特にウーバイーツでは、時間の制約が少なく手軽に始められるため、より配達員も利用者も増えていくでしょう。

 

新しい働き方の一つや利用できるサービスとして、まずは登録から始めてみませんか。

 

 

おすすめの記事