Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員おすすめ疲労対策!
¥特典情報
こちらをお読みの方に、特別な特典情報をお知らせ中!!ぜひご活用ください!

ウーバーイーツ配達員は楽だなんて言われたりしますね。しかし、それは本当でしょうか?

たしかに無駄な人間関係を構築しなくてよいという面では精神的に楽かもしれません。ただ、ウーバーイーツ配達員は肉体的にかなり疲労の溜まる職業であり、きつい職業です。

本業で配達員をしている方はもう1日中自転車を漕いでいますし、日にさらされているため疲労がどんどん溜まっていきます。

そんな中、疲労を翌日に持ち越さずに肉体を回復させる方法、そんな方法があるなら知りたくありませんか?

この記事では、そんなウーバーイーツ配達員おすすめの疲労対策について、食事、入浴、睡眠に分けて解説していきます。

簡単で知っていれば誰でもできるようなおすすめな対策です。

ぜひ最後までご覧になってください!

ウーバーイーツ配達員おすすめ食事法

ウーバーイーツ配達員の方が筋肉疲労を次の日に持ち越さないためには食事を考えることが欠かせません。

基本的に、筋肉疲労回復には、タンパク質炭水化物ビタミンB1が必要です。

その3つの栄養をを配達前、配達中、配達後のタイミングでどのようにとっていくかを説明していきます。

配達前の食事法

本業であれば午前中から配達するでしょうし、副業の方であれば仕事終わりに配達するなんてこともあるでしょう。

どちらの方であっても、配達を空腹状態で行なってしまいやすい環境に置かれています。

しかし、配達前に最低限とって欲しい栄養があります。

それは、炭水化物です。

配達は割と強度な運動ですから、エネルギーを多く消費します。

そのため、炭水化物をとっておかないと、自分の筋肉を分解してエネルギーにしてしまうことになります。

これを続けていくと、どんどん自分の筋肉が減っていき、同じ量の配達なのに前より疲れるなんてことにもなりかねません。

おすすめの食べ物

配達前には時間がないですから消化によいもので炭水化物をとるのがおすすめです。

具体例を出していくと

バナナなどの果物

カロリーメイト、ソイジョイ、一本満足、バランスパワーなどの固形栄養補助食品

などです。

配達前にこれらを食べるだけで、日に日に筋肉が減っていくことを免れることができるので実戦してみてください!

配達前に食べ過ぎたり、脂ものを取り過ぎたりすると胃もたれ等になり逆効果になってしまいますので適度な量であることが重要です。

配達中の食事

ウーバーイーツ配達員を本業として行なっている方であれば1日に10時間以上自転車に乗って稼働するという方もおられると思います。

そういう方は配達前に炭水化物をとったとしてもエネルギーとして使われ、空腹状態になりかねません。

いや、間違いなくなるでしょう。

そうなってしまうと先ほど述べたように自分の筋肉が分解されエネルギーとして使われてしまいます

おすすめの食べ物

配達中ですから手軽に用意できる、かつ、消化によいものがいいですね。

先ほどの配達前の食事と被る部分もありますがおすすめの具体例を出していきます。

カロリーメイト、ソイジョイ、一本満足、バランスパワーなどの固形栄養補助食品

栄養ゼリー

等になります。

配達後の食事

配達後、ウーバーイーツ配達員が最も意識すべきはここの食事です。

配達前と配達中は、時間の関係もあり最低限で済ませばよいとしたのですが、配達後は冒頭で述べた3つの栄養をとる必要があります。

つまり、炭水化物タンパク質ビタミンB1です。

炭水化物を含む食材一覧

タンパク質を含む食材一覧

ビタミンB1を含む食材一覧

おすすめの食べ物

これらの栄養がとれるなら何を食べてもいいのですが、やはり配達をしたあとでわざわざ家でご飯作るのってしんどいですよね。

そういった方のためにここでは、セブンイレブンで買える上記の栄養を含んだおすすめの商品を紹介していきます。

上記の3つの商品は、どれか1つの商品を食べるだけで炭水化物、タンパク質、ビタミンB1を摂取することができます

また、多少タンパク質が足りてないな、ビタミンB1が足りてないなというときは、補助的にプロテインを飲んだり、たらこやいくらの入ったおにぎりを食べるというのも良いですね。

この様な商品は、コンビニにたくさんありますのでぜひ探してみてください!

 

配達の疲労を無くしたい方はどうぞ↓

ウーバーイーツ配達員おすすめ入浴法

湯船につかることが重要になります。

配達を終え、疲れているからシャワーだけで済まそうと言う考えは捨ててください

湯船につかることで体温があがり、静水圧の効果により血液が循環し、疲労が回復します。

入浴の際はこちらがポイントです。

40℃のお湯に全身浴で10~15分つかる

心臓や呼吸器に疾患がある方は半身浴でかまいません

上記のポイントを意識しないと逆効果となる場合がありますので注意が必要です。

具体的に言うと、40℃を超える温度(42~43℃)での入浴や10~15分を超える入浴は、のぼせやヒートショックにより体調不良を引き起こしてしまう場合があります。

これでは意味が無いですから、入浴の際には上記のポイントを意識し、できれば毎日湯船につかるようにしましょう。

 

精神疲労を無くしたい方はこちら↓

ウーバーイーツ配達員おすすめ睡眠法

ウーバーイーツ配達員の肉体疲労をとるには、睡眠が欠かせません。

良質な睡眠をとるために就寝前の行動で注意すべきことをあげていきます。

カフェイン摂取、喫煙、飲酒を避ける

カフェイン摂取と喫煙には鎮静効果を妨害し、脳を覚醒させる効果があります。また、飲酒には、利尿作用やレム睡眠を妨げる作用があります。

多くの人がリラックスできるからという理由で寝る前に、カフェイン摂取、喫煙、飲酒をしたりしていますが、これを毎日のように続けていくと重度の睡眠障害に陥る可能性があります。

そうなってくると、疲労がとれるどころか慢性疲労にもなりかねませんので注意が必要です。

テレビやスマホの画面を見るのを控える

寝る前のスマホチェックが習慣になっている方も多いのではないでしょうか?

こういう方は睡眠による疲労回復ができない可能性が高くなります。

なぜなら、テレビやスマホの画面から発せられるブルーライトにはメラトニンの分泌量を抑制する効果があるからです。

このメラトニンは、人間の睡眠と起床を規則正しく行なう働きを持ちます。

そのため、寝る前にテレビやスマホの画面をみるとメラトニンが抑制されますから、寝付きが悪くなったり、睡眠障害に陥りやすくなったりするわけです。

体を冷やさないようにする

先ほどおすすめの入浴法のところで湯船に浸かるべきと言いましたが、それと同時に入浴後、体を冷やさないようにすることが重要です。

なぜなら、せっかく湯船に浸かって、血液の循環がよくなり、リラックスした状態になったのに体を冷やしてしまうとその効果が失われてしまうからです。

できるだけ、寝る前に近い時間帯に入浴し、体が冷える前に布団に入りましょう。

まとめ

・ウーバーイーツ配達員の疲労を回復させるには食事入浴睡眠どれも大事である。
・おすすめの食事法→炭水化物タンパク質ビタミンB1を摂取する。

・おすすめの入浴法→40℃のお湯に全身浴で10~15分毎日浸かる

・おすすめの睡眠法→寝る前にやってはいけないことはしない

以上の4点を覚えて実戦していただきたいです!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

まだ登録してない方はどうぞ↓

おすすめの記事