ウーバーイーツ配達回数3000回越えの私の体験談をお伝えします!
¥特典情報
こちらをお読みの方に、特別な特典情報をお知らせ中!!ぜひご活用ください!

配達体験から見えてきたことをお伝えします。

私はUbereats(ウーバーイーツ)配達員歴約2年、配達回数3126回という経験をもっています。

2年も配達を経験すると、色々な体験を元に自分のスタイルが確立されてきました。

おそらく配達員として他の人がどのくらい稼働しているのか、どのくらい稼いでいるのかなど気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

Uber Eatsの配達は個人で行うのであまり他の人と情報を共有することがないんですよね。

今回は配達員としての経験を元に、実際に配達をしてみた感想などをまとめてみようとおもいます。

このような方におススメ
・実際に配達をしている人の体験談を知りたい
・自分の配達の参考になることを知りたい

配達Q&A

一日どのくらい稼働していますか?
短い時は2~3時間ほど稼働しています。一番長い時は朝9時~夜10時まで稼働をしてたことがあります。
稼働時間はひとそれぞれ自由に選べますので、自分の生活スタイルに合わせて稼働できるのがUber Eatsの配達員のメリットですよね。
実際に配達をしてみた感想は、短時間で稼働する方が私には合っていると感じました。
短い距離だと2~3kmくらいの配達ですが、長距離だと5kmを超えることもあります。体力には自信があっても、長距離を走るのは結構辛いんですよね。(笑)
短時間でも稼げる時間帯はあるので、その時間帯が私のメインの活動時間になります。その時間帯だけは自分の動ける限界までテキパキと仕事をするように心掛けています!
短時間で稼ぐコツはインセンティブというボーナスをもらう事が重要だと思っているので、配達回数を稼ぐ為にダブルピックというシステムを活用しています。
ダブルピックのメリット、デメリットなどはこちらにまとめてあるので、参考にしてみてください。
私は隙間時間に副業としてUber Eatsの配達を始めたので、なるべく短い時間で稼ぎたいという気持ちが強いです。同じ気持ちで始めた方は私と同じような働き方がおススメなので試してみてください!
最高で一日どのくらい稼いだことがありますか?
最長稼働をした時に23,000円稼ぎました。
Uber Eatsの配達員の報酬は歩合制で配達すればするほど稼げるというシステムなので、たくさん稼ぎたい場合は稼働時間を上げることも大切です。
最初のうちは長時間の稼働は精神的にも肉体的にもしんどい時期がありましたが、配達を始めて2か月もすると自分の体力の限界もわかってきて適度に休憩をしながら一日稼働を続けられるようになりました。何事も”慣れ”が肝心ということですね。
配達を続けていると、思うように稼げないという体験をするとおもいます。しかし長く配達を続けている感想では、稼げるときもあれば稼げないときもあるのでそんなに気にしなくてもいいかなと思っています。
一日稼働したら20,000円を超えることは私でも可能でしたので、みなさんもぜひチャレンジしてみてください。
慣れてくれば、ナビよりも効率が良い道があることに気づいたり配達を効率よく行う方法にも気づいてくるはずです。
一日フル稼働をする方にお伝えしておきたいのは、長時間の自転車の運転は結構疲労がたまります。適度に休みながら配達をしたほうが効率が良いというのが私の感想です。体が一番の資本になる仕事なので無理はしないようにしてください。
稼働をあげるコツはありますか?
雨の日の稼働が結構好きです。配達の依頼が多くて、クエストの報酬も高いので稼げるから雨の日は好きです。ただ慣れるまでは大変でした。
雨の日の配達は大変なこともありますが、メリットがたくさんあります。
  1. 配達のライバルが少ない
  2. 雨の日特有のクエストが発生する
  3. 配達を希望するお客様が増える

といった感じです。

 

私は雨の日は積極的に稼働をするようにしています。ただし、しっかり雨の日仕様の恰好で配達をするようにしています。

 

レインコートだけではなく、足も濡れると嫌なのでレインブーツも着用しています。自転車には泥除けがついていることも結構重要なポイントかもしれません。

あとは、路面がすべりやすいし、ブレーキもききにくいので運転には十分注意するようにしています。事故を起こしたり、転んで依頼された商品をぐちゃぐちゃにしたら元も子もないですからね。

 

私の体験では、雨の日は非常にライバルが少ないと感じます。実際雨の日を避ける配達員の方は多いみたいです。慣れれば配達をするのもそこまで大変と感じなくなりますので雨の日を経験したことのない方は思い切って始めてみてください。

 

こちらの記事には雨の日の配達のメリット、デメリットや、雨の日にあると便利なレイングッズ、雨の日に気を付けたいことなど網羅してありますので雨の日に頑張ろうと思っている方はこちらを参考にしてください。

 

 

仕事で楽しいことはありますか?
忙しくても、配達の依頼がたくさん入っている方が楽しいし時間が過ぎるのも早いです。
配達の依頼がたくさんあった方が仕事をしている感じがして楽しいです。依頼を受けるためにはレストランがたくさんあるところの近くで待機したり、ピークタイムを狙って仕事をするなどすれば依頼が途切れることなく配達をすることが出来ます。
2年配達を続けている私のUber Eatsの配達の感想は、結構楽しいです。今まで配達してみた中でも、自転車の運転が気分転換になったり知らない景色をみるというのも刺激的でいいなーと思う場面が結構あります。
体も健康になるし、稼げるし続けていてよかったと思っています。
こちらの記事に、稼ぎ方のコツも載っているので気になる方はチェックしてみてください。
普通のシフトで入る仕事と違って、自分の働きたいタイミングで働けるので自由な点も楽しめるポイントです。気楽に仕事をしていられるのもUber Eatsの配達特有のメリットだと思います。
自分に合った働き方をできるというのは、今時の働き方でなんとなくかっこいい感じがしますよね。(笑)
仕事で辛いことはありますか?
平日の夕方は、配達の依頼がないので暇なのでしんどいですね。暇なときは公園でぼーっとしていたり、本を読んだりしています。
暇な時間があるのはしょうがないので、その時間は休憩時間として割り切るようにしています。暇な時間で体力を回復して、ピークの時間に稼働するというのが私のスタイルです。
少しでも依頼を受けたい時には待機する場所にも気をつけたりしています。基本的にはレストランが多い地域の近くで待機すればリクエストは多くなりますので、仕事がたくさんほしい時は近くにレストランがある場所で休憩するようにしています。
そうすると結構すぐにリクエストが入ってきてくれますので、動けるくらい体力が回復していればそのまま配達に向かうようにしています!自分の配達のエリアの中で注文が多い時間帯や地域を分析して依頼を受けられるようにしてみてください!

配達としてレベルアップをしましょう!

自分ひとりで気軽に行える副業として人気なのがUber Eatsの配達です。

Uber Eatsの配達をやっている方がまず考えるのは、

「稼ぎたい!」

ということではないでしょうか?

しかし、周りには仕事の仲間や上司はいないのでどのような事をすれば稼げるようになるのかは教えてもらえません。どうしたらいいのでしょうか?

 

答えは簡単です、教えてもらえないなら自分で調べればいいんです。

 

完全歩合制で、自分が頑張った分だけ報酬がもらえるので、稼げるか稼げないはあなた次第です。

つまり知識を付けて配達員としてレベルアップすることが出来れば、報酬を上げることが出来るのです!

 

報酬の基本的なシステムについて知らない方はこちらをご覧になってください。

 

レベルアップと言っても、自分の脚力を上げて自転車のスピードを上げてもそこまで報酬が上がることは無いです。むしろ急いで配達するのは危険なのであまりお勧めしません。

配達員の成功体験から学ぼう!

自分で考えて仕事をすることも大切ですが、成功している方のやり方を参考にすれば自然に結果はついてくると思います。

報酬を上げるためには”クエスト”が大事

 

https://twitter.com/artist_seira_h/status/1267120582975320064?s=20

時給約1,900円というのは魅力的な数字ではないでしょうか?

こちらのツイートで気になるポイントは、

「クエストクリア 5,000円」

というところですよね?時給を上げるためにはクエストというインセンティブをゲットすることが重要になってきます。

クエストは乗車回数をこなすことで達成できます。がむしゃらにリクエストを受けまくるのも一つの手段ですが、レベルアップを狙うのであれば一つ取り入れるべき方法があります。

 

それは、クエストを達成するまではダブルピックを受ける事です!

ダブルピックを受ける事には抵抗があるという方もいるとおもいますが、クエスト達成に最速で向かうためには取り入れる事をオススメしたいです。

ただし向き不向きがあるので、仕事を受ける前に自分に向いているのかは考えるようにしてください。あまり向いていない方が行うとお客様やお店に迷惑をかけてしまう可能性があります。

 

ダブルピックについて良く知らないという方はこちらに書いてありますのでチェックしてみてください、向いている人向いていない人についても書いてあります。

 

チップをもらって、気持ちもお財布もホクホクになろう!

こちらのツイートの配達員の方は、とても工夫していらっしゃるので時給も約1,500円と結構稼いでいらっしゃる方ですね。

 

置き配達でお客様の料理が汚れないようにするシートを使うという工夫をしているので、お客様からしたらちょっとした気遣いが嬉しかったりしますね。

 

そしてシートの最後には、”高評価” ”コメント” ”チップ”が大好物ですというコメントがちゃっかりいれてありますね。(笑)

 

Uber Eatsには評価システムがありますので、高評価をもらえる方が配達員としてはメリットがあります。評価システムはこちらにまとめてありますので興味がある方は是非。Uber EatsProについても書いてあります。

コメントは、「ご苦労様でした」など頑張った自分を褒めてくれたらモチベーションが上がりますよね。お店やお客様と接する時間が短い分、コメントが励みになることがあります。

そして、チップ制度があるというのは気になりますよね?

実際にUber Eatsの配達を行って、チップをもらったことがある人ももらったことがない人もいると思います。

けど、もしチップをもらえるなら嬉しくない人はいないですよね。

チップをあげたくなるのはどんな配達員か考えてみてください。

きっと上のツイッターの方のような気配りができる方や、元気に配達してくれる方など、配達をされて良い気分にしてくれるような配達員にはチップを気持ちだけでも送ろうかなと思うのではないでしょうか?

 

チップ制度の事はこちらの記事にまとめてあります。チップをもらうコツ、工夫についても書いてありますので参考にしてください。

まとめ

・配達の体験が多くなると、自分に合ったスタイルが確立してくる

・一日フルで稼働すると20,000円を超える報酬を狙う事もできる

・稼ぎたい方におススメなのは、雨の日の稼働

・稼働が多い方が、時間がたつのを忘れて仕事に没頭することができる

・その他にもインセンティブのもらい方など工夫をすれば配達員としてレベルアップすることができる

 

Uber Eatsの配達に正解はありません。自分にあったスタイルで目標に向けてかせぎまくってみてください。

おすすめの記事