Uber Eats(ウーバーイーツ)はトラブルだらけ?!知っておきたい対処法
¥特典情報
こちらをお読みの方に、特別な特典情報をお知らせ中!!ぜひご活用ください!

ウーバーイーツで働くとトラブルが多い?!

今現在UberEats(ウーバーイーツ)の配達員は1万5千人をこえています。

登録の手軽さもあり、時間の自由が利くので副業として人気です。

しかし自由度の高さの裏にはどうしてもトラブルがつきものになります。

ウーバーイーツで配達をしている人も、利用したことある人も

トラブルに巻き込まれたり、困った経験があると思います。

特に配達をする人は、トラブルがあった時にはどうしたら良いのか

わからない人が多いと思います。

なぜならウーバーイーツの配達員は

従業員ではなく個人事業主として仕事をするので

自分で問題を解決しないといけないことがあります。

トラブルに巻き込まれないようにするためには、

ウーバーイーツでよくあるトラブルを知っておくこと。

起きるかもしれないトラブルを事前に予防しておくこと。

これらを意識しておくことが大切です。

事前に心構えや対処法が分かれば

実際にトラブルが起きた時に対処しやすくなると思います。

今回はトラブルについてまとめて、

皆様の配達生活の手助けになるような記事を書いてみます。

このような方におススメ
・起きやすいトラブルを知りたい。
・トラブルの回避方法を知りたい。

よくあるトラブルと対処法 お客様編

配達中に食べ物が偏ってしまう等

配達員の人だけではなく、ネットニュースなどで一番見かけるのがこちらの

トラブルではないでしょうか?

お寿司が偏っていたり、汁物がこぼれていたりという例は

過去にも発生しているようです。

 

しかし極端な例を除けば注文側もある程度は理解をして注文しているので

あまりトラブルになることは少ないです。

しかし、自分のミスで食べられない状態にしてしまった場合にはどうしたら良いのでしょうか?

解決策

・タオルや緩衝材を詰めて食べ物が傾いたり、揺れるのを防ぐ。

バッグの中にタオルや緩衝材を詰めれば安定するので商品の偏りを減らす事ができます。

最近では汁物は専用容器に入れてあることが多いので、こぼれるリスクは減っていますが、

自分で気を付ければより安心です。

・容器が密閉されている事を確認してからバッグに入れる

お店の方も忙しいとフタを閉めるときにゆるくなってしまうことがあるので、

商品を受け取るときにはしっかりしまっていることを確認したほうが良いです。

・傾きやすい、こぼれやすい商品の配達を避ける

飲み物やお寿司は、容器に工夫がされていない場合は

こぼれたり傾くことがあります。

そういった商品を避けることもトラブルを避けるためには

必要なこともあります。

・配達で食べられない状態になってしまった場合

配達中にミスで食べられないような状態にしてしまった場合は、

まずはサポートセンターに連絡しましょう。

その後、新しい物商品に無料で交換か返金のどちらかで対応できます。

その際手続きはウーバーイーツのアプリ上でお客様が行う必要があるので、

手続きをお願いして謝罪してください。

再配達を自分で行う場合は距離料金は加算されますが、受け取り料金、受け渡し料金は一回分の支払いとなります。

お客様が出てこない

配達先についてインターホンを押してもお客様が出てこない場合があります。

お風呂に入っていたり、寝てしまっていたり、作業に集中されていたり

理由は様々ですが、注文された以上渡さないわけにはいきません。

解決策

まずはウーバーイーツのアプリを通じてメッセージを送信してみてください。

その後電話での連絡を試みてください。

電話をすると

「電話したことをお客様に通知しますか?」

という項目を選択すると10分間のタイマーが作動します。

そして10分経って電話連絡が取れない場合は商品はキャンセル、

破棄してよいことになっています。

 

配達先の住所が間違っている

登録されている住所が違ったり、マンションの部屋番号がない場合は割とあります。

正しい届け先が分からないと配達できないのでこちらもしっかり対処しないと

無駄足になってしまう可能性があるので注意が必要です。

解決策

住所がわからない、違う場合は

アプリを通じてメッセージを送信して住所を確認してください。

それでも連絡が取れない場合は電話をして、電話に出られない場合は

「電話したことをお客様に通知しますか?」

を選択してください。

その後10分のタイマーが作動して10分経って連絡がない場合は

配達は終了になります。

注文の変更をお願いされた

お客様
注文したハンバーガーをチーズバーガーに変えてほしい。
あと数も1個ではなく2個にしてもらいたい。

配達員
どうしよう、もう店からの受けとりが終わってしまったし、
お客様の住所の近くに来ているのに・・・
こういった風に配達中の注文の変更のお願いを
配達員に頼まれることがあります。
こういった場合も対処法があります。
解決策
商品を店から受け取る前であれば、お客様と店側で
直接やり取りをしてもらうようにしましょう。
配達員の仕事はあくまで商品をお届けすることですので、
注文の変更については関与しなくて良いです。
商品を受け取った後であれば、
メッセージで対応できない旨を丁寧にお伝えしましょう。

配達先の変更をお願いされた

お客様
商品の配達先を1丁目の○○ビルから2丁目の××ビルに変更してもらいたいんですけど可能ですか?

配達員
どうしよう、1丁目○○ビル方面に走っていたのに
この場合2丁目××ビルに届けに行かなくてはいけないのかな?
このように配達先を急に変更してほしいと依頼があった場合にも
対処法はあります。
解決策
配達は、アプリで指定された住所以外に行う必要はないので
配達先の変更は行わなくてよいです。
なのでお客様にはアプリに記載してある住所以外には配達できないことを
メッセージでお伝えしてください。
むやみに配達先の変更を受けてしまうと、ウーバーイーツ側から距離料金を
水増し請求していると思われてしまう可能性もありますので注意してください。

よくあるトラブルと対処法 お店編

お店の場所が分からない

配達リクエストを受けた店舗はアプリで表示されるのですが、

近くまで行っても場所が分からないことがあります。

看板が出ていない店だったり、商業施設の中にある飲食店だったり、

アプリで表示される店名と看板にある名前が違う事もあります。

解決策

近くまで来ていて、わからないときは店に連絡をするのが

一番早いです。

分かりにくいところにある店舗は裏口もわかりにくいことが

あるので受け渡し口もしっかり確認するようにしましょう。

アプリで店舗からのメモを確認すると、

店の位置情報がしっかり書かれている事があるので

確認してみても良いかもしれません。

店側が違う商品を入れてしまった等

ピークタイムなど混雑時には店側もオーダーを間違えて入れてしまったり、

数を間違えて入れてしまうことがあります。

配達した後にクレームを言われたときにトラブルに

ならないようにするにはどうしたら良いか

対処法をお伝えします。

解決策

・まずは受け取り時に数量と商品を確認する癖をつける。

商品を確認する癖をつければトラブルを避けることができます。

ただ渡されたものをバッグに入れるのではなく、一度確認するようにしましょう。

・お渡し後に商品間違え、数が違う事が分かった場合

この場合自動的に再配達が行われることはないので、

お客様自身がサポートセンターに連絡をする必要があります。

お客様は入っていなかった分の商品は返金してもらい、

再度注文をする必要があります。

特に配達員の方が何かする必要はありません。

よくあるトラブルと対処法 その他

領収書が欲しいといわれた場合

お客様
領収書が欲しいんだけど、書いてもらえる?

配達員
領収書なんて持ち歩いていないし、どうしたらいいんだろう?
ウーバーイーツで商品を配達してお渡しした後に
領収書をくださいと言われたことがあります。
しかし手元に領収書を持っていないし、
そもそも配達員の方は商品の料金をもらっていないのに
領収書を書いて良いのかわからないと思います。
こちらの対処法もお伝えしていきます
解決策
・配達員が紙の領収書を渡すことは無い。
領収書を発行するのはUberです。配達員は一切領収書を書くことは無いので
頼まれてもすべて断ったほうが良いです。
領収書はアプリ、サイト、メール等で確認して印刷することができます。
その旨をお伝えしてあげてください。
また注文した店の手書き領収書を持っていく事は、
Uberと店の二重発行になってしまうので注意してください。
アプリで登録している名前以外への宛名の変更はできませんので
そちらも知っておいたほうが良いです。

配達中に事故を起こした場合

よくあるトラブルではないですが、

自転車を運転するので事故は起こす可能性があります。

急ぎすぎて交通マナーを破ったりすることは絶対にやめましょう。

万が一事故に巻き込まれた時や、

自転車が故障したときの対処法をお伝えします。

解決策

・まずは相手の無事を確認する。

人命第一なのはいうまでもありません。

・配達をキャンセルして警察を呼ぶ。

配達を続けることができないときにはキャンセルをする必要があります。

料理を受け取った状態で無断でキャンセルするのは

アカウント停止や、下手すると横領になることがあります。

サポートセンターに事故を起こしてしまって

配達が難しいことをお伝えしましょう。

交通事故は個人で対応せずに警察を通して対応してもらいましょう。

ウーバーイーツでは相手に対しての自転車保険には自動で加入しています。

しかし自分に対する保険はかかっていないので、

交通トラブルに備えて加入しておく事をお勧めします。

まとめ

  • 商品がこぼれたり、偏らないようにタオルや緩衝材をバッグに入れるとトラブルを減らす事ができます。
  • 配達員側に責任があって商品を返金、再配達する時はお客様からサポートセンターに連絡をしてもらう事になります。
  • 注文をうけてからの商品の変更、数量の変更等は配達員ではなく店と直接やり取りをしてもらうようになります。
  • 領収書は、配達員は発行しない。必要ならお客様にWebで印刷してもらう事になります。
  • 事故は起こさないように気を付けたほうが良い。事故を起こした相手には保険があるが、自分には保険がないので加入しておいたほうが良いです。
おすすめの記事