ウーバーイーツ(UberEats) 配達のキャンセルのペナルティはあるの?
¥特典情報
こちらをお読みの方に、特別な特典情報をお知らせ中!!ぜひご活用ください!

Uber Eatsの配達はキャンセルしても大丈夫?

Uber Eatsの配達員を続けていると、依頼をキャンセルしたい時があると思います。

自分が原因の場合やお客様やお店側に原因があるなど、理由は様々だと思いますが依頼をキャンセルをするというのは配達員としてやっても良いことなのでしょうか?

結論から言うとキャンセルはある程度しても大丈夫です。

 

ある程度とつけたのは、キャンセルをしすぎると配達員としての信頼をなくしてしまいます。

なのでキャンセルは最低限に抑えるに越したことはありません。

「間違えてリクエストを受け付けてしまった」

「商品を受け取ったのに配達が最後まで行えない」

このような場合にどういった方法でキャンセルをしたら良いのか知っておきたいですよね。

 

正しい知識を付けて適切にキャンセルを使えるようになれば、時間を無駄にせずに仕事ができたりトラブルを回避することができますので是非ご覧になってください。

このような方におススメ
・キャンセルの方法を知りたい
・キャンセルをするとどのような影響があるのか知りたい

キャンセルをする方法

配達をキャンセルする方法は、商品を受け取る前と受け取った後でことなります。

商品を受け取る前の場合

まずはアプリでこちらの画面を開いて問題を報告する画面を開きます。

その後こちらの画面から理由を選択して、キャンセルを行います。

・乗車位置が分からない

お店の場所が分からない場合などに使います。こちらの場合はサポートに連絡をする必要があります。

 

・遠く離れすぎています

レストランの場所が離れすぎていて、受け取りが難しい場合に選択します。

 

配達先が遠くの場合でも、電動自転車を活用すれば体力や時間を節約できます!電動自転車の購入を検討している方はこちらの記事をみて検討してみてください!

 

・待ち時間が長すぎる

レストランについてから、約10分を超える場合には選択しても大丈夫です。

 

・配達業務を希望しない

間違えてリクエストを受けてしまった場合などに選択します。

 

・商品が大きすぎる

商品が大きすぎたり、多すぎて配達バッグに入りきらない場合に選択します。どのように対応すればよいかわからない場合はサポートに連絡してみてください。

 

ちなみに体験談としては、理由の選択で遠く離れすぎていますを使う事が多かったです。

お店が近くの場合でもこちらを選択することが結構ありましたが特に影響はありませんでした。

 

トラブルの対処法はこちらにも載っているので困ったらご覧になってみてください。

商品を受け取った後の場合

商品を受け取った後にキャンセルを行う場合にはこちらの画面の一番下の問題を報告するを選んでください。

 

その後こちらの項目の中から当てはまるものを選んで報告してください。

・注文者が見つからない

注文者の住所に配達しても、お客様に受け渡しができない場合キャンセルを行わずにお客様に連絡をとりましょう。まずメッセージを送って、返信がない場合は電話をかけましょう。

 

ドライバーアプリで「注文者に連絡があったことを通知する」という項目を選択して、10分間のタイマーが作動しても受け渡しができなかった場合は配達は終了してかまいません。

 

「配達は終了してかまわない、商品は破棄してかまわない、配達料金は通常通り発生する」

 

というメッセージがUber Eatsから来たら配達を終了してください。この場合キャンセル扱いにはなりません。

 

・適切に受け渡しできる場所が見つからない

配達先に誤りがあって指定場所に商品を届けても受け渡しができない場合には、キャンセルをせずに注文者に連絡を取ってください。この場合も注文者に問題があればキャンセル扱いにはなりません。

 

サポートは対処方法を教えてくれるのでわからなければ連絡をしても良いかもしれません。商品は廃棄してくださいと言われて、食べることができる場合もあります。

・商品を紛失した

まずはキャンセルを行ってから、サポートセンターに連絡をしてどのように対応すればよいか確認してください。

 

・商品が破損していた。

受け取った時点で中身がこぼれていたりした場合には、キャンセルをせずにサポートに連絡をしてどのように対応すればよいか確認をするようにしてください。

 

・パッケージに誤りがある

配達するはずの商品と異なる番号の物を受けっとってしまった場合、キャンセルをせずにサポートに連絡をしてどのように対応すればよいか確認してみてください。

 

商品受け取り後のキャンセルは基本的にサポートセンターに連絡をしたほうが良いので迷ったらサポートに電話を選んでみてください。

キャンセルの種類

商品を受け取る前のキャンセル

リクエストが届いて、商品を受け取る前に何らかの理由があってキャンセルする場合があります。これを通称「受けキャン」と呼びます。

 

受けキャンをする時にはいくつか理由があります。

・料理の待ち時間が長い場合

待ち時間が長いと稼働にも影響が出ますし、最悪の場合お客様は配達員に待ち時間が長いとクレームを言ってくることがあるかもしれません。あまりにも待ち時間がかかる場合には受けキャンをしても良いかもしれません。

 

・商品を受け取りに行く途中で何らかのトラブルがあった場合

商品を受け取りに行く途中に車両の故障や事故などのトラブルがあって配達をすることが難しい場合にも、受けキャンをしたほうが良いです。

 

配達が続けられないときには速やかにキャンセルをして、他の配達員が代わりに配達を行ってくれるようになっています。

お客様やお店に迷惑をかけない為にも配達が難しいとわかった時点でキャンセルをするようにしましょう。

 

・リクエストを受けた店舗が問題のある店だった場合

リクエストを受けて、商品を受け取りに行くと決まってからでないとどの店からの依頼なのかはわかりません。

過去に自分が配達をして、運びにくかった商品の店や待ち時間が長い店はできれば配達を避けたいと思うのではないでしょうか?

こういった場合にも受けキャンをすることで配達でトラブルが起きるリスクを回避することができます。

 

・ダブルピックを受けてから両方もしくは片方の依頼をキャンセルする場合

最近では強制ダブルという、依頼を受けると必ずダブルピックになるというシステムも始まっているようです。ダブルピックは受けたくないのに間違って依頼を受けてしまったという方は受けキャンをすることができます。

 

そもそもダブルピックって何なの?という方はこちらにまとめてありますので興味がある方はご覧ください!

ここにダブルピックのリンクを貼る

 

このようにお客様の為にも自分の為にもなるので受けキャンを選択する方もいますので、強制ダブルを受けてしまって困っている方は参考にしてみてください。

受けキャンはある程度の回数を行っても配達に影響を及ぼす可能性は低いです。

しかし、あまりにも回数が多い場合にはUber Eatsから警告メールが届きます。具体的な回数は不明ですが、警告メールが数回届いた後もキャンセル率の改善が見られない場合にはアカウントが一時停止を受けて配達が行えなくなります。

 

最悪の場合アカウントの永久停止もあるので、警告メールが届いたら受けキャンの頻度を少なくするようにしてください。

商品を受け取った後のキャンセル

商品を受け取った後のキャンセルは、基本的にはしてはいけません。

上記の商品受け取り後のキャンセル方法にも書いたように、お客様やお店側に問題がある場合を除いてサポートセンターと相談してからの対応をすることが望ましいです。

 

なぜなら商品を受け取った後はお客様とお店に確実に迷惑が掛かります。キャンセルの責任は商品を受け取る前よりも重いのはいうまでもありません。

商品を受け取った後はお客様も評価を行う事ができるので、低評価がついてしまうのも回避できません。

ちょっと待って!そのキャンセル本当に必要?

画面でピンが立たずに、受けてみたら避けたいエリアや避けたいお店だったという事はありませんか?Androidの場合は高確率でピンが表示されない場合があります。

 

Androidを利用している方には朗報です!

ピンが表示されない場合は左下の三本線の画面表示切替を何度か押すと表示されるようになりますのでお試しください。

ピンを表示して確認すれば受けたくない依頼をキャンセルする必要がなくなりますよね!

まとめ

・キャンセルには、商品を受け取る前のキャンセル(受けキャン)と商品を受け取った後のキャンセルがある。

・キャンセルは行っても良いが、キャンセルしすぎると警告メールが来て、最悪の場合アカウント停止になる場合がある。

・商品受け取り後にキャンセルをしたい場合は、サポートに相談することが望ましい。

 

キャンセルは適切に行えば、効率よく仕事をすることにつながりますが方法を間違えると仕事に支障をきたす場合もあります。

キャンセルを行う場合は、お客様やお店に迷惑があまりかからないように考えてあげることも大切になりますので慎重に行いましょう。

おすすめの記事