UberEats女性配達員は危険?始める前に知っておくべきこと
¥特典情報
こちらをお読みの方に、特別な特典情報をお知らせ中!!ぜひご活用ください!

最近、街でも、よく見かけるようになったUber Eats。自分の好きな時間帯に働けて、自分の働いた分だけお金になるのは、かなり魅力的です。今回は、Uber Eatsの女性配達員は活躍できるのか、さらにUber Eatsで女性が気をつけるべきこと、稼げる方法についてまとめていきます。Uber Eatsに興味のある女性は、必見です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)に女性配達員はいるの?

Uber Eatsで働く女性の割合は、高いのでしょうか?

Uber Eatsの女性の割合や活躍している女性がいるのかについてご紹介していきましょう。

https://twitter.com/B97iNzu8CZ49w7b/status/1263143995166736389

女性配達員は3%くらい

Uber Eatsで働く女性の割合は、3%くらいで、圧倒的に男性の多い仕事となります。

なかには、主婦の方でも活躍されているUber Eats配達員がいて、2017年「スッキリ」でドコモのバイクシェアでお店にピックアップをしてから、配達をする主婦が特集されていました。

アラサーの女性Uber Eats配達員も活躍

アラサーの女性もUber Eats配達員として活躍していて、細身の女性でも大きなUber Eatsバッグを背負って配達されています。

ダイエットになるという声もあり、ジムに通ってダイエットするよりも、Uber Eatsで働けば、お金ももらえてダイエットになるという理由から働く人もいます。

しかし、避けては通れないのは、日焼けとの戦いです。日中の配達は、結構日焼けするので、対策しておく必要があるでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)女性配達員のリスクとは?

この部分が、最も気になる部分の方も多いことでしょう。

女性Uber Eats配達員が、抱えるリスクをしっかりと把握しておく必要があります。

Uber Eats利用者に顔写真がバレる

Uber Eatsは、注文して配達員が決定すると、配達員の本人の顔写真と名前、今どこを移動中かが、注文相手に表示されるようになっています。

さらに、Uber Eatsの配達員は顔写真と位置情報とさらには、注文者からの評価も表示されるようになっています。なかには、注文先に行ったら注文者から、名前で呼ばれたというツイートもありました。特に、女性の場合は、この点についてしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

https://twitter.com/UberEat06599107/status/1222469502685728768

女性配達員をしていて、怖い経験はありますか?

配達しにいったら「○○ちゃんって名前」て呼ばれた経験があります。お金のやりとりをわざと長引かせたりされたりもしたことがあります。

交通事故のリスクが高い

Uber Eatsは、「個人事業主」となります。そのため、労災や雇用保険の対象にはなっていないのです。もしも、Uber Eats配達中に事故にあった場合、本人への補償がないのが現実です。

「配達パートナー向け保険」というものは、ありますが、配達中の対人と物が対象になっているので、本人への補償がないのです。ですので、自分で個人賠償責任補償特約への補償が高額な保険や、示談交渉代行サービスも付いた自転車保険に加入する人もいます。

https://twitter.com/pXPT6x20SodPhLU/status/1086959453415469057

酔っ払いのお客様がいる

もちろん、そういった人ばかりではありませんが、Uber Eatsを利用する人の中には、酔っ払いの人もいます。午後8時くらいになると、パンツ1枚のラフな格好の男性が、お客様という場合もあります。

 

護身用に女性Uber Eats(ウーバーイーツ)が用意すべき物

  • 露出の少ない服装
  • 催涙スプレー
  • 防犯ブザー
  • 「Driverアプリ」のGPS共有をオン

酔っ払いのお客様にも、対応をすることがあることを覚えておきましょう。女性Uber Eats配達員であれば、キャップをかぶって、出来るだけ露出の少ない服装で配達する方がいいでしょう。

また、護身用に催涙スプレー・防犯ブザーなどを常備しておく方が、おすすめです。最低限、自分の身を守れるアイテムを持っているか、いないかでは安心感が違ってきます。

さらに、もしものときのために誰か助けてくれる人に自分の位置情報を共有することも大切です。「Driverアプリ」のGPS共有をオンにすれば簡単にできるので、もしもの時のことを考えて対策しておくのも、最低限行って対策しておきましょう。

女性Uber Eats配達員が稼ぐテクニックとは?

それでは、リスクをしっかりと頭に入れたところで女性Uber Eats配達員が稼ぐために、おすすめしたいテクニックをご紹介していきましょう。安全面にも考慮したテクニックになっているので、要チェックです。

重要なエリア選択

自分の住んでいる地域や近くでエリアを選択する方法もありますが、効率的に稼げるエリアを選択するのも大切なポイントです。ここでは、Uber Eatsのエリア選択について詳しく解説していきます。

加盟店の多い場所がおすすめ

加盟店が多い場所であれば、効率的に稼ぐことができます。加盟店数を調べるには、注文アプリをダウンロードして、配達候補エリアで調べることができます。もしも、調べるのが面倒なのであれば、電車の急行が止まるエリアや路線の乗り換えエリアもおすすめです。

世帯数が多い場所を狙う

世帯数が少ないエリアにいても、残念ながら稼ぐことはできません。スマホの検索で「○○ 世帯数」で調べると世帯数が調べることができるのでおすすめです。

特に、世帯数が多いのは東京都や大阪市になっています。ここに住んでいる方や、近所の人であればUber Eatsで配達員をしても稼ぐことができるでしょう。

女性Uber Eats配達員が注意すべき事

ここでは、Uber Eats女性配達員が気をつけるべきことをまとめていきます。Uber Eatsで、稼ぐポイントでもあるので、要チェックです。

配達難易度が高いところは避ける

  • 高級タワーマンション
  • 巨大オフィスビル
  • 大型商業施設でのピックアップ

こういった場所への配達やピックアップは、あまりにも時間のロスが多くなっています。入る場所が分からなかったり、入館する方法が分からなかったりします。さらには、徒歩での移動も多くなり、女性Uber Eatsには辛い場所でもあります。

どうして、大型商業施設は稼げないのですか?

どこにどのお店があるのか分からないので、経験を積んでいないと時間のロスになってしまいます。また、迷子になってしまったら、それだけでも時間のロスなってしまうことになるのです。

女性Uber Eats配達員にとって安全な配達エリア

それでは、女性Uber Eats配達員をするのであれば、稼げて比較的安全なエリアをご紹介していきます。絶対に安全ということではないので、注意は常にしておく必要はあります。

東京での安全なエリア
  • 千代田区
  • 港区
  • 目黒区
  • 中央区
  • 江東区
大阪での安全なエリア
  • 北区
  • 福島区
  • 西区
  • 中央区
  • 淀川区

大阪は、南よりも北の方が、女性Uber Eats配達員にとって安全に働けるエリアでしょう。

 

配達時間帯を選ぶ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達時間帯を選ぶのも、大切なポイントになります。効率的にUber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐのであれば、注文ボリュームの波を知っておくことが必要です。

午前9時から午後17時は比較的女性のお客様が多い

午前11時から14時は、ランチタイムで午後6時から午後8時はディナータイムで、この時間帯は注文が集中します。この他の時間帯は、あまり注文が入らない時間帯になっています。

午後8時以降は男性のお客様が増える

午後8時以降は男性の、酔っ払いのお客様との遭遇率も上がります。この時間帯は、注意が必要でしょう。女性のUber Eatsであれば、この時間帯は避けた方が懸命でしょう。

時間のロスをすると、よくないのですか?

報酬額は場所や時間、天候によって変動します。たとえば注文が多く場所では、大体11~15時と18~21時に配達をおこなった場合は配達効率がよくなり時給が高くなります。さらに、Uber Eats依頼は注文の入った店舗に近い配達パートナーに送られるため、人気店の近くで待機しているとさらに効率が上がります。このように、いかに時間のロスを少なくして、配達するかが配達員には求められます。

効率よく配ると、どれくらい稼ぐことができるのですか?

東京でUber Eats配達員をしている私の場合、通算すると時給1600円強です。

時給2000円超えのときもあれば時間帯や条件によって時給1000円を割ることもあります。

まとめ

女性Uber Eats配達員になろうと考えた時に、躊躇してしまいそうな方に向けてこの記事を書きました。どうしても、女性Uber Eats配達員の数は少なくなっていますが、女性でも活躍できる仕事にはかわりありません。女性だからこそ、気をつけなければいけない部分はありますが、Uber Eatsで活躍できることも十分あります。まずは、躊躇する前に、経験してみてください。経験することで、きっとどういった対策が有効で、向いているのか分かってくるでしょう。

 

おすすめの記事